沖縄Deepポータルサイト ヤングコーン

那覇エリア

知られざる沖縄料理、隠れた名店ここにあり!

食

“沖縄料理”、あんたはいくつあげられる?チャンプルー、沖縄そば、島豆腐にタコライス、サーターアンダギー、ちんすこう・・・。それだけが沖縄だなんて、なめてもらっちゃ困るぜ!

首里城で有名な首里。その高台の住宅地にあるのが富久屋。読み方は「ふくや」な。服屋じゃないぞ、沖縄の…家庭料理の店って言ってもいい、隠れた名店だ!


開店時間は夕方6時。だが6時前にはもう開店を待つファンが集まり始める。どうだ、この人気っぷり!ただものじゃないぜ!


店ン中に入ると、キレーに掃除された店内に木のぬくもりとあったかさがぶわーって感じで、もう落ち着くの何のって。これがオレたちうちなんちゅの家よ!



 


ここの料理、本土の人はメニュー見ても何のことやらさっぱり理解できないんじゃねぇかな。




例えば、中身汁(500円)。これはまだ分かりやすいだろ?名前のまんま、豚のホルモンを煮込んだ、まあモツ煮込みだな。ジンジャーが良い味出してんの。臭みもほとんどないから、ここの中身汁は飲みやすいと思うぜ。



それから、むじ汁(700円)。汁物ってことは分かるよな。


これは田芋の茎が入った汁のことなんだ。上にっ豚肉がのっかってボリューム満点!



あ、これはおばぁに聞いたんだけど、「むじ」はうちなーぐちで田芋って意味らしいぞ!


それからこれもおばぁに聞いたんだけど、昔はよく出産祝いで出てきたんだって。田芋って素手で触ると手がメチャクチャかゆくなんの!あんなの料理してたなんて、おばぁマジそんけーするぜ!


お次はミヌダル(600円)。どんな料理か、想像できたか?


これは見てびっくり。なんと真っ黒い塊!正体は・・・豚肉と黒ゴマでしたー!へへ、どうだ。これはさっぱり分からなかっただろ?琉球王朝?とかって時代の宮廷料理だったんだと。この黒い塊、高級料理かよ!今はオレんちの食卓にもたまに並ぶ家庭料理だけどな。


黒ゴマの甘みがうんめー!



そして更に変な・・・変わった名前なのがビラガラマチ(400円)。舌、噛むなよ?


 


うちなーぐちでビラはネギ、ガラマチは巻くって意味。かまぼこをネギで巻いた料理のことなんだ。なんとタレはピーナツバター!しょっぱいのと甘いのと混ざって香ばしい味噌みたいな味だな。正月にはよく食べるぜ。

他の店じゃちょっと食えない、一風変わった沖縄料理の店、それが富久屋。沖縄の家に遊びに来たような、のんびり落ち着く店内で家庭の味をたっぷり味わえる、それが富久屋。


沖縄料理って、なーんか苦手な人が多いらしいけど、ミヌダルとか食ってみって。マジで、マジですっげー美味いから!


 


メニューが意味不明って人は、店員さんに聞けばちゃんと教えてくれるから安心しろよな!

安心・真心・家庭の味!いつでもどこでもこれが最高!

富久屋

所在地 沖縄県那覇市首里当蔵町1-14
TEL 098-884-4201
営業時間 11:30~15:00(L.O.14:30) 18:00~22:00(L.O.21:00) ランチ営業、日曜営業
定休日 火曜日
ヤンコーン

カテゴリで探す

  • 食
  • 呑
  • 遊
  • 買
  • 景
  • 学
  • 癒
  • 推

キャラクターで探す

  • ポタコーン
  • ばぁコーン
  • ヲタコーン
  • ヤンコーン
  • ボディコーン

エリアで探す

沖縄マップ 北部 中部 那覇 南部

記事を検索

今日は何の日?

月

31

こだまの日

1959(昭和34)年の今日、特急こだまが、

狭軌鉄道での世界最高速記録を樹立しました。

「こだま」は東海道本線を走行する“ビジネス特急”として親しまれていた列車でした。

東海道新幹線開業に伴う東京駅 – 大阪駅間在来線特急の廃止により、在来線特急としての「こだま」は1964年9月30日に廃止され、翌日10月1日から今の新幹線の列車名として使用。

現在の新幹線こだまは、速達タイプの「ひかり」に対して始発駅から終着駅まで全ての駅に停車する列車として運行を開始したそうです

Instagram

もっと見る

シーサー
シーサー